個人レッスンによる札幌のチェロ教室 Webレッスン・コースもあります。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



updated 2017-03-22
荒木均チェロ教室 メール:araki.cello@gmail.com

第10回 チェロ教室発表会

第10回 チェロ教室発表会 

ご報告が大変遅くなりましたが、2015年9月27日、当教室の久しぶりの発表会を行いました。出演者はチェロが私を含め27名、伴奏者は5名というお陰さまで大きな発表会を行うことができました。メインの伴奏者には前回(15年前!)と同じ中村由莉子さんにお願いすることができました。
今回重い腰(?)を上げて久しぶりに発表会を開いたのは、プログラムにも書いたのですが、今教室に集まっているチェロの生徒にして私の友人たちはみなさんいずれ劣らぬ個性派揃いで、彼らの演奏を私自身が楽しみたいという動機が一番でした。
そして、みなさん熱の入った期待以上の演奏を聴かせてくれました。

第1部は一人づつの演奏で小学2年生の元気な「きらきら星変奏曲」に始まり、最後の方はベテラン勢が有名なソナタやコンチェルトを見事に演奏してくれました。一部の最後に私がカサドの「親愛の声」を講師演奏したのですが、彼らの気合の入った演奏がわが生徒ながら本当に素晴らしく「うーん、この後に弾くのか、もっと簡単な曲にしておけばよかったな・・・」とかなりのプレッシャーでした(笑)。そして第2部は、チェロ・アンサンブルの部でした。二重奏から四重奏を2曲挟んで最後はクレンゲルの「賛歌」という12重奏を15人で演奏して締めくくりました。

さて、今回は準備に半年ほどを要し、曲決め、伴奏合わせ、プログラム製作、会場取り、アンサンブルの練習、当日のお弁当の手配や打ち上げ会場の確保、会費のこと、DVD業者の手配、当日の役割分担、そしてそれらの連絡事務などなど・・・、本当に雑用の多さに改めて発表会の大変さを思い知ったわけですが、みなさんが協力的で本当に助かりました。毎年やっている教室は本当に偉い!。
そんなこんなで、最後のアンサンブル曲を弾き終わって「みんな、ありがとう!」的なテンションと達成感で若干感動気味なところに、生徒たちからサプライズの記念品贈呈があり、ガラにもなく「まずい・・、これは泣くかも・・・」と思ったほどです。
このように、生徒さんたちの上達や人との出会いや自分自身も成長できた(ような気がする)ことなど、準備の大変さを補っても余りある収穫を得ることができました。

やはり発表会は大切ですね。うんうん。これからはあまり間が開かないように、毎年は無理でも2年に一度は開催したいと思います。

happyou.jpg
会場の「奥井理ギャラリー」での終演後の記念撮影。   


プログラム最後に15人で演奏したクレンゲル作曲「賛歌」

















第9回 スコチッチさんの公開レッスン

第9回 アダルベルト・スコチッチさんの公開レッスン

2014年9月9日に当教室のイベントとして、元ウィーン・フィルチェロ奏者のアダルベルト・スコチッチさんを講師にお招きして公開レッスンを催しました。
スコチッチさんは演奏のため北海道にいらしており、空き日を利用してのレッスンとのことで実現しました。
受講したのは当教室から私を含め6名と、せっかくの機会だからと参加した私の友人のプロの奏者(内一人札響)2名とその生徒さん1名の計9人。
聴講したのは当教室から9人でした。
そして通訳を札幌シンフォニエッタ・コンマスの相内俊一先生にお願いしました。
開催が決まったのが急で、しかも平日の昼間にも関わらず、門下生BBSでの呼びかけに沢山の人数が集まりました。

受講したのはチェロを始めて数年の方から子供の時から何十年も弾いているベテランまで様々でしたが、それぞれの段階に合わせた指導を熱心にしていただけました。
各自用意した楽曲のほかにDuportの7番を使って右手の使い方を集中的に指導してもらえました。また、アップ時とダウン時の体重移動の話しも勉強になりました。
全体の様子.JPG
(会場の様子)

今回は生徒たちの前で恥をかく覚悟で私も受講に臨みましたが、スコチッチさんは奏者としてはもちろんですが指導者としても超一流で、レッスンの進め方などもとても勉強になりました。
5時間ほどの時間があっとういう間に過ぎ充実した1日でした。
レッスン終了後はスコチッチさんを囲んで焼肉屋さんで打ち上げをしました。
スコチッチさんから帰りの車中、「あたなの生徒は皆熱心で素晴らしい」とお褒めの言葉をいただきました!。
みなさんお疲れ様でした。
集合.JPG
(記念撮影)

第8回 レッスンを使いこなそう!

第8回 レッスンを使いこなそう!

長年レッスンをしていると、この人は早く上達するだろうな、とか、この人はなかなか難しいだろうな、というのがだいたい最初のレッスンで察しがつくようになります。
その人が練習時間を確保できるかというのがなんといっても一番大きいですが、私が練習時間と同じくらい注目するのが「習い方」です。

習い方はなにもチェロに限ったことではありません。
私は趣味で居合道を習っていて週に1~2回道場に通ってるのですが、そこでも同じような光景を目にします。
居合の道場では教える立場の高段者はたいていが高齢者。しかも武道の世界です。習い方のなっていない生徒はぴしゃっと一喝されるのが常ですが、昨今の音楽教室ではなかなかそうもいきません。
特に生徒が社会人の場合は先生が我慢するのが常だと思います。けして安くないレッスン代を頂戴している手前もありますしね・・・。

でも下手な習い方は結局自分が損をするだけです。
上手な習い方とは、すなわちプライや社会的地位などはとりあえず置いておいて、謙虚に学ぶことができるか?ということに尽きると思います。
レッスンで言われたことはメモを取り(上手になる人は必ずメモを取っています)、練習は我流に走らずレッスンで言われた内容をまずは達成するのがよいと思います。
それさえできれば先生は全面的にあなたの味方です。最大限の親身な指導を引き出せるはずです。
そこで今回は特別に私が先生の立場で歯に絹を着せずに、こういうのは止めたほうがいいと思う『下手な習い方ベスト5』を特別に指南しましょう(笑)。
習い事をしている方はぜひ参考にしてください。

(1)ネットなどで調べた知識をレッスン中に先生に披露してしまう。
熱心さをアピールしているつもりなのは分かるのですが、先生の立場で言うと実はかなりゲンナリします。1~2回ならまだいいですけど、「でも先生、ネットにはこう書いてありましたけど?」なんて何回も言われると「じゃあ独学でやれば?」と先生は内心思っています。せっかくレッスンに通っているのに我流で練習してしまうのもこのタイプの人に多いです。
でも疑問をぶつけたい場合もときにはあると思います。そういう場合は「実はネットにこう書いてあるのを見たのですが、私の理解が足りないのだとは思うのですが云々・・・」とか聞き方を工夫するといいと思います。心ある先生なら親身に疑問に答えてくれるはずです。

(2)先生がまだ話しているのに弾き始めてしまう。
せっかく練習してきた成果を聴いてほしい気持ちも分からなくはないのですが、これは絶対にやめましょう。私は相手が大人でも「私が話している間は弾かないでください」と言うことにしていますが、なかなか勇気のいることです(言えるようになったのは40代後半からかな・・)。言わない先生も多いと思います。「話しを聞く気がないならもう教えてやらないよ」と先生は内心思っています。レッスンに限らず人の話を最後まで聞くのはコミュニケーションの基本ですよね。
先生が話し始めているのに弾くのを止めない、というのも同じです(笑)。

(3)教えられたことに同意しない。
同意していないというよりたぶんその方のコミュニケーションの癖なんだと思います。せっかく問題点を指摘しているのに無反応だったり、「ん~~」とか「え?そうですか?」とか、「へ?・・・あ、そうなんだ・・」なんていうリアクションが返ってくると、「私のレッスンに納得できないなら来なければ?」と先生は内心思っています。もし仮に本当に納得できない場合は先生を変えましょう。

(4)やたら言い訳をする。
「今回はあまり練習できませんでした」とか「家ではもっと弾けたんだけどな~(苦笑)」と一言申し添えるくらいはいいです。微笑ましいです。全然問題ありません。
でも中には、いかに練習できなかったか、なぜ練習できなかったか、私は不器用で・・、手が小さくて・・、力が弱くて・・、音感が悪くて・・・など何か言われるたびに延々と言い訳を繰り返す方がいます。練習できなかったことも家ではもっと弾けたことも先生は一回聴けば全部分かっています。やる気を疑われるので言い訳はほどほどにしておきましょう。

(5)前の先生の悪口を言う。
悪口にあたらない事実を言うだけなら問題ないのですが、”悪口”は止めましょう。あまり品のある行為ではありません。「ふ~ん、次の先生には私の悪口を言うわけ?」と先生は内心思っています。
ドクターショッピングならぬティーチャーショッピングをする人と解釈されるのがオチです。

さて、話し出すと切りがないのですが、
習い方の問題だけ書いたのではフェアでないので教え方の問題に少し触れてみます。
私が自戒をこめてこういうレッスンはするまいと思っているベスト3。

(1)怒りっぽい。
キレるとかやたら怒りっぽい先生の話もよく聞きますが、レッスンは忍耐(笑)です。イラついたりせずにあくまで冷静に、は人にものを教える上でとても大切な姿勢だと思います。

(2)雑談ばっかり
よく聞きます。1時間のレッスンで半分以上雑談なんて話も聞くことがありますがホントなんでしょうか。雑談はロスタイムだと私は思うのですが・・。

(3)自分が弾いてばかりで生徒に弾かせない
手本と称して生徒に弾かせずに自分ばっかり弾くレッスンは実はとてもラクです。でもやはり一緒に弾いたり生徒に弾かせて問題点を指摘することが大切だと思います。

レッスンはレッスン代こそありますが、あくまで人間同士の信頼関係に基づいたものですよね。
ぜひ賢くレッスンを使いこなして上達をものにしてください。 
(2014.6.6)

第7回 まずは「1000時間」を克服せよ!

第7回 まずは「1000時間」を克服せよ!

「どのくらいで弾けるようになりますか?」という質問をよく受けます。
「弾ける」とは?
『ヤマハで気に入った曲の楽譜を買ってきてそんなに難しくなければ練習さえすれば弾けて、ハイドンやモーツァルトの簡単な弦楽四重奏くらいなら仲間と楽しめて、出来ればアマチュアオーケストラに参加できる』くらいのレベルが多くの方が考える「弾ける」という状態ではないでしょうか?
実際、このくらいのレベルに到達すれば「わたしはチェロが弾けます」と言って差し支えないと思いますし、周囲の人たちからは「あの人はチェロが弾ける」と認識されます。友人達からは羨望の眼差しで見られ、結婚式やパーティーともなれば演奏を頼まれるでしょう。

さて、そういう自分になるためにはどうしたらよいのでしょう。
「1000時間理論」という言葉をご存じでしょうか。
よく英語の教材を販売するサイトなどで目にします。
1000時間英語を学習すれば簡単な会話で困らない程度にある程度英語が身につきます、という基準だそうです。
この考え方は”身につけるもの”として楽器の演奏にも応用できると思います。私は20年以上チェロのレッスンを続けていますが、生徒さんたちの上達を見てもそう思います。
また、自分自信の体験として私は40歳を過ぎてから、チェロだけではなく人生色々な事を
身につけたいと思い、法律、居合道、船の操縦などを勉強し資格や段位を取得していますが、やはり初学者が一定の能力を身につけるのに1000時間というのはとてもいい基準だと思います。

1000時間と言えば・・・・
1日3時間練習するとして・・・1年。
1日1時間練習すれば・・・・・2.5年。
1週間に5時間なら・・・・・・・5年。
1週間に2時間なら・・・・・・10年。

そう、だいたいこのくらいです。
才能やセンスは関係ありません。
せっかくチェロを始めても多くの人は1000時間に到達する前に「私には才能がない」とか「もう年だから・・」とか「私は手が小さいから・・」とか言って諦めてしまうのですが、楽器の演奏は語学や自動車の運転などと同様”身につけるもの”です。人間の能力なんてそんなに大差ありません。ましてソリストを目指すわけではありませんから、才能やセンスや年齢や多少の身体的な差異は関係ないのです。

語学には「ブレイク・スルー」という言葉がありますね。
ある一定の学習時間を過ぎた途端に急に英語が聞ける(話せる)ようになる、という意味だそうですが、楽器の上達も少し似ています。
毎日少しづつ上達するというより、階段を登るように段階的にある日突然上達したりします。練習の過程で上達を実感できない局面もあると思いますが、続けてさえいれば次の上達のステップは必ず来ます。

繰り返しになりますが、要は練習に費やした時間です。
私は自分のレッスンには自信を持っていますが、それでも1000時間を800時間・700時間に短縮して差し上げることはできても(『効率よく学べます』とはそういう意味です)500時間に短縮することはきっとできないと思います。
仮に誰からもレッスンを受けずに独学(毒学)でチェロを学ぶことはあまりに無謀で2000時間あっても満足に弾けるようにならないかもしれません。でもよい教室でレッスンを受けて正しい学習法で練習すれば一定の練習時間をこなせば誰でも必ず弾けるようになります。

”身につく”とは考えなくても身体が勝手に動く状態です。
学習の過程での理解は非常に大切ですが理解だけでは全く不十分です。例えば野球のルールを完璧に覚えてもそれだけでは野球ができるようにならないのと同じです。理解したものを何度も繰り返して”身につける”ことが大切です。繰り返しさえすれば毎日通う道を自然に覚えてしまうように誰でも”身につける”ことができるのです。
「ブレイクスルー」を信じ毎日繰り返し練習し、己を”パブロフの犬”化する。これが唯一の楽器上達の王道です。

合格率に限りがある大学入試や国家試験と違い、チェロの演奏はレッスンに通い日々練習する精神力と時間、これさえあれば合格率は100%なのです。
え?信じられない? 
反論は1000時間を克服した後に聞きます!


第6回 よい教則本・わるい教則本?

第6回 よい教則本・わるい教則本?

今日は教則本について書いてみたいと思います。
先日ネットで、『大学オケの先輩に薦められてある教則本を練習してみたものの、退屈なだけでちっとも上手にならない。だからこの教則本は悪い教則本だ』という趣旨の文章をみつけました。
この手の感想は時たま耳にするのですが、本来教則本とはただ練習しただけで上手になるものではありません。”ある教則本”とはウェルナー・チェロ教則本なのですが、私が思うに、この方はおそらく、シュレーダーでもサポージニコフでもドッツァーでも同じ感想を言ったのではないでしょうか。たまたま出会ったのがウェルナーだったというだけの気がします。
例えば<楽譜1>はウェルナーの最初の方に載っている曲の一部なのですが、仮にこの曲を指番号の通りやみくもに何百回練習しても教則本が予定している効果は残念ながら期待できません(きっぱり)。
wernaer1.jpg
<楽譜1>
チェロに限らず弦楽器の奏法の基礎の基礎には「次の音に指を置くまで前の音に置いた指を離さない」というとても大切な約束があります。これは左手の動きを最小限にとどめて、かつ、正確な音程を取るために必要な非常に重要なルールです。(初心者に限らず、中・上級者でもこれが出来てない人多い)
werner2.jpg
<楽譜2>
<楽譜2>を見て下さい。赤い線を入れたのですが、この線は「ここまで指を離さない」という意味です。例えば最初の4指は次の1指を置くまで離してはいけません。3段目の3小節目あたりは少し複雑で、最初の4指は1指を置くまで離さず、1指は4指を置くまで離さず、4指は2指を置くまで離さない、となります。
この様に、ウェルナーに限らずマトモな教則本の練習曲には曲ごとに身につけるべきポイントがあり、そのポイントを知らずに曲を練習しても奏法は身につきませんし、その曲をやったということにはなりません。教則本を練習する意味がまったくないのです。
そして段階ごとに身につけるべき奏法を身につけずに教則本を進めていっても、曲はどんどん難しくなっていきますから途中で弾けなってしまうでしょう。

市販されている教則本でそうしたポイントが曲ごとに丁寧に文章で書き添えてある本は残念ながらほとんどありません(メモ書き程度ならあります)。
これは「奏法なんてとても文章や言葉では伝えきれない、これを使って教える先生方よ、そこのところはよろしく頼む」ということだと思います。
マトモな指導者であれば練習曲を見れば説明がなくてもその曲で教えるべきポイントは分かります。実際のレッスンではそうしたポイントを念頭に置きながら、複数の教則本や楽曲を生徒の進度や自分の教え方に合わせて取捨選択して利用していくのが通常です。
そして教え方というものは教則本にではなく指導者個々に委ねられており、指導者の裁量の元レッスンが進められるのが一般的です。そうした使われ方をすることを前提に教則本は編纂されているのです。
なので、練習曲ごとに身につけるべきポイントが絞り込まれていれば、それで教則本としての要件は満たしており、それができていない教則本はよどのキワモノでもない限り淘汰されて市中には存在していません。

以上の理由から、良い・悪いがあるとしたら、それは教則本にではなく指導に、ということだと思います。
どんな教則本も指導によって良い教則本にも悪い教則本にもなりうる、ということです。これは指導する側の人間として、教本のせいにせず常に緊張感を持って取り組まなければいけない部分だと思っています。
その一方で、指導者にとって使い勝手の良い教本、使い勝手の悪い教本という捉え方は存在するでしょうね。

というわけで、練習曲を練習するときは「ここではなにがポイントか?」ということをまず押さえてから練習することをお薦めします。



第5回 ボーイングを書く

第5回 ボーイングを書く

主にオーケストラの楽譜にボーイングやスラーを書き込むときのお話です。
アマチュアのオーケストラのトレーナーを頼まれて行くことがあるのですが、一番気になることのひとつが”楽譜が汚い”ということです。全ての方がそうだとはもちろん言いません。でもそういう譜面に出くわすことはとても多いです。
汚いというのは汚れて汚いというのではなく、ボーイングやスラーの書き込み方が乱雑で汚い、ということです。
スラーを途中で切る時もスラーの真ん中辺に薄く一本縦線をヒュッと引いてみたり、ダウンがアップに変更になっても消しゴムを使わずダウンのマークをグチャグチャっと黒く塗りつぶしてその上のあたりにアップのマークを書きたしたり、それすらせずにそもそもボーイングを書かないとか(笑)。
IMG_1752.JPG例えば左の譜面はたまたま見つけた典型的な汚い譜面なのですが、出だしの音がアップなのかダウンなのかすら判然としません。これでは弾けるものも弾けませんね。特にオケは指揮者や他のセクションに気を配ったり忙しいです。

学生オケの指導でこういう譜面を見た時は「オマエラ、ただでさえ下手なのにこんな汚い譜面見て弾けるわけないだろ!」と超上から目線で一喝して差し上げることもできるのですが(笑)、社会人オケとなるとそうもいきません。初心者が相手なら言い方を気をつけてなんとか・・、でもベテランが相手だともうスルーですね。嫌われたくないし・・。

さて、私がアマチュア時代に学生オケで弾いていた頃こんなことがありました。
その時私はジュネス・オーケストラという首都圏の大学の選抜メンバーで作るオケでトップを弾いていたのです。(ジュネスは年2回演奏会があり、NHK・TVで全国放送されていた。練習場も予算も全てNHKが出資してくれるという夢のようなアマオケだった)
パート練習にはN響の方がトレーナーで来られていたのですが、その日は代役で都響の首席のKさんがいらしていました。
その時やっていたマーラーの4番を一通り弾かせた後、Kさんが「そのボーイングはあなたが付けたの?」と私にお尋ねになったので、「いえ、この楽譜はNHKから渡されたものなので・・、N響の譜面なんでしょうかね?」と適当な返事をして譜面をKさんに渡したのです。
するとKさんは「へ~、じゃあ徳永先生(当時のN響の首席)かしら?」と言って譜面を一瞥すると、「いや、違うな。プロはこんな汚い譜面の書き方はしないもん」とすかさず仰ったのです。

確かにその譜面はぐちゃぐちゃと打ち消し線を何度も殴り書きしたような汚い譜面でした。
その頃の私はボーイングを丁寧に書くのは初心者臭くて格好悪い、ササッと走り書きの方がプロっぽく見えてカッコイイ、くらいに思っていたので、Kさんに「プロはそんな書き方はしない」と言われてとても恥ずかしくなりました。
(あとで確認するとたしかにその譜面は他所のアマオケから借りてコピーしたものでした)

それからは、ボーイングやスラーは誰が見ても一瞬で分かるように丁寧にきっちり書くように心がけました。
既にボーイングの付いた譜面をコピーして使うときは、まず印刷以外の書き込みを修正液で全て消して、まっさらにした譜面をコピーして原譜にします。
そして書き込みは鉛筆で2Bより濃いものを使い、訂正は必ず消しゴムで消してから新たに書き込みます。
ボーイングは音符の真上に書き、スラーもどの音符からどの音符にかかっているのか正確に書きます。
IMG_1783.JPG
(いかにもプロっぽい譜面の例)

あと、折りたたみ譜面台を使っていて思うように書き込みができないということも多いと思うのですが、そういう場合は合奏中に取りあえず書いたものを休憩時間などに綺麗に書き直すしかないです。殴り書きのまま放置はやめましょう。

とにかくオケは弓を忘れても鉛筆と消しゴム忘れたら仕事になりませんので・・。
というわけで、あなたも是非プロと見まがうような綺麗な譜面を作ってみてください!。


第4回 チェロと飛行機に乗る

第4回 チェロと飛行機に乗る(2012年2月現在)

チェロを持って飛行機に乗るのは20年くらい昔は簡単でした。何食わぬ顔で手荷物で機内に持ち込めばスチュワーデスさんが丁寧に隣の席を確保してくれて、しかも「お仕事で弾いてらっしゃるんですか?、へ~、すごいですね。」なんて感じのいい会話付きです。
でも10年くらい前からチェロを飛行機に持ち込むのが急に難しくなりました。正確に言うと、”タダで”持ち込むのが難しくなりました。現在では難しいというより不可能になりました。要するに、チェロを乗せるための座席分もお金を払って確保しなくてはならなくなりました。
しかも、ある頃からチェロが狙い撃ちされるようになりました。飛行機会社のマニュアルに「チェロは~」と書かれていたようです。当初は「楽器はなんですか?」と訊かれて「ギターです」と答えれば機内に持ち込めたのですが、その技も1年くらいで通用しなくなりました(笑)。
飛行機に乗る度に2座席分(正確には1.5座席分~後述します)のお金を払うのは厳しいので仕方なく預かって貰います。それでも昔は「貴重品です。手渡しでお願いします」と言うと、”手渡し”と書かれた札を付けて、ベルトコンベアーに乗せずに係の人が手で運んでくれました。しかし、その制度もいつのまにかなくなってしまいました。
さすがに、ベルトコンベアーで他の荷物とゴッツンゴッツンぶつかりながら出てくるチェロを見るのは心臓に悪いです。
というわけで、本当に仕方なくチェロの座席の分もチケットを買って機内に持ち込むようになりました。荷物用の座席のチケットは『AB券』と言って昔は大人の半額でした。ただし正規料金の半額なので、格安チケットを取ると下手をするとチェロの席の方が高くついたりしました。

さて、そんなこんなで、飛行機会社の制度がめまぐるしく変わり、私たちチェリストはそのたびに右往左往するわけです。 一体今はどうなってんの??
というわけで、ANAとJALに電話してきっちり調べてみたのでご報告します。
ちなみに身分は明かさずに電話しました。「あ~~、おら、20年ぶりにチェロと飛行機に乗りたいんだけどもよ・・」 という感じで質問してみました(笑)。
ただし、国内線です。国際線まで話を広げると際限がないので。

まず、チェロはAB券を買って機内に持ち込むか、手荷物として預けなくてはいけません。これは各社共通です。
以下、下記の通りです。チェロと飛行機に乗るときの参考にしてください。

ANA
・AB券(チェロの座席)・・・全国一律1万円(一路線)
・預かり・・・手渡しの制度はなし。ただし、航空会社が用意するコントラバスを運搬するためのケースにチェロをケースごと入れて預かる方法がある。料金は5,000円。
・保障・・・チェロが破損したとき、原因が会社側の過失の場合、保障は15万円まで。ただし、1万円につき10円で保障額を上げることができる。(例:2,000円払うと会社側の過失でチェロが破損した場合、215万円まで保障される)

JAL
・AB券(チェロの座席)・・・全国一律1万円(一路線)(ANAと同じ)
・預かり・・・手渡しの制度はなし。コントラバス用のケースの制度もなし。(コントラバスを入れる本来の目的としての制度はある)
・保障・・・ANAと同じ。

【わたしの結論】
手荷物預かりには何度も出していますが事故は一度もありません。保障はしませんがある程度安全だと思います。
よって、100万円以下の楽器はケースの中にプチプチを入れるなど自衛して預ける。但し、万が一を考えて1,000円払って補償額を115万円にしておく。
ソフト・ケースの場合はこのさいハード・ケースを買う。
100万円以上の楽器の場合は観念して1万円払ってAB券を買って機内に持ち込む。
以上です。

hikouki.jpg
飛行機の座席に置いたチェロ。なんとも収まりが悪いです(笑)。
シートベルトはそのままではまわらないのでスチュワーデスさんに言って「補助ベルト」を貰うといいです。

第3回 弓の毛と松脂のはなし

第3回 弓の毛のはなし

弓の毛は消耗品なので時期が来たら楽器店やヴァイオリン工房に持っていって張り替えてもらいます(5,000円~10,000円くらいです)。張り替え時期については非常に多くの説があり(笑)、どの説が正しいかは分からないのですが、要するに消耗して弾きにくくなったら張り替えます。
毛が減ってきたり、汚れて松ヤニが付きにくくなったりしたら張り替えましょう。使い方によって差がありますが半年~1年が目安です。
さて、弓を使うときはネジで毛を張りますが(使わないときは緩める)、どのくらい張ればよいかという質問をよくうけます。弓が適度な弾力を失うくらい張るのもまずいですし、弾くと毛が弓の木の部分に触れてしまうほど張らないのもまずいです。目安は『毛と木の隙間の一番狭い部分が木の幅と同じか少し広いくらい』です。
RIMG1037.JPG
(ちなみに、弓の毛は馬の尻尾ですが、写真の人差し指に当たっている部分はクジラのヒゲが巻いてあります。ドラえもんの「もどりライト」の巻きに出てくるのはこの部分です。)

さて、つぎに松ヤニの話です。
松ヤニはチェロ用、ヴァイオリン用などありますが、必ずしもチェロ用を使わなければならないというわけではありません。低弦ほど粘りが強く、ヴァイオリン用のものはチェロ用のものよりサラサラした感じがします。好みのものを使いましょう。
ちなみに私は20年来ベルナルデルというのを使っています。一応ヴァイオリン用ですがプロのチェリストでこれを使っている人多い気がします。

塗るときは弓の根本から先まで一気に塗るのではなく、10cmくらいを往復させるように全体に塗ります。
RIMG1038.JPG溝が出来ないように均一に塗ります。
どのくらいの頻度で塗るのがよいかもよく質問されますが、弾き方にもよりますが、2回に1回くらいがいいのではないでしょうか。松ヤニの粉が飛び散って楽器に付着するほど付けるのは付けすぎです。逆に毛に指で軽く触れて指にほとんど粉が付かないのであれば塗りが足りないです。
そして弾き終わった時は楽器を拭いて、弦に付いた松ヤニの粉も拭いて落としておきましょう。特に楽器に付いた松ヤニを放っておいて体積させると取れなくなるので、弾き終わった時は必ず拭いておきましょう。

追伸(2/17):弓の毛の張り替えは高い技術が必要です。上手な職人さんが張り替えると全ての毛がピンと揃っていて弾き心地もいいです。張り替えは信頼できるお店か工房に出すことをお薦めします。


【札幌の主なヴァイオリン工房】

(ヴァイオリン工房に直接持ち込む場合は事前に電話予約しましょう。)


第2回 湿度と闘う

第2回 湿度と闘う

弦楽器は極端な乾燥や多湿に弱いです。楽器のコンディションが悪化すると鳴りが悪くなりますし、さらに進むと剥がれや割れの原因にもなります。
なので楽器を保管する部屋の湿度は常に50%台をキープするのが理想です。
とはいっても冬の北海道は暖房のせいで放っておくと湿度20%くらいになってしまうこともあります。これは楽器にとって非常~にまずいです。
なので楽器を弾く部屋は加湿器をつけるようにしましょう。そして楽器をしまう時は楽器にダンピットというツールを入れてからケースにしまうのがいいです。
RIMG1022.JPG
こういうヤツです。水に浸してから水が垂れない程度に絞ります。
F字孔から入れて楽器の中に垂らしておきます。
RIMG1023.JPG
乾燥が酷い時は2本使ってもいいと思います。

ダンピットは飛行機に乗るときなどにも役にたちます。
「ダンピットは気休めにしかならない」と言う人もいますが、確かにダンピットで部屋の湿度を上げることはできませんが、楽器ケース内の楽器の中の湿度を上げることくらいは出来そうな気がします。少なくとも何もやらないよりはマシであることは確かです。

逆に多湿期のメンテナンスとしては、乾燥機を部屋につけるなどしてやはり室内を湿度50%台にキープすることが理想ですが、楽器を乾いた柔らい布でよく磨くようにしましょう。
「汚れイコール湿気」ですから汚れが付いたままにしておくとやはりトラブルの原因になります。

あまり神経質になりすぎるのもナンですが、楽器の鳴りが悪くなったり剥がれて修理に出して大変な思いをするのは自分なので、このくらいのメンテナンスはしていいと思います。


第1回 チューニングについて

第1回 チューニングについて

チューニングは上(高い音程)の弦からA(ラ)-D(レ)-G(ソ)-C(ド)と5度間隔で合わせていきます。
本来は音叉やピアノからAの音を拾ってまずA線を合わせ、つづいて2弦ずつ同時に弾いて下の弦を完全五度下に合わせていきます。これを3回繰り返して一番下のC線まで調弦します。
しかし、実はこれは非常に高度で難しい作業です。音叉などからAを拾ってA線を合わせるのも難しいですが、完全五度を聴き分けてチューニングしていくなんて初心者には絶対に無理。中級者でもかなり無理。オーケストラの中でオーボエの音を聴いて10秒くらいで・・なんてプロじゃないと、いや、プロでもけっこう苦労します。
だから安心してください。チューニングが出来なくて悩む必要はありません。
ここはサクッと電気チューナーを使いましょう。最近は小型のものもありますし、スマートフォンのアプリにも電気チューナーがあります。せっかくこんな便利なものがあるんだから使いましょう。
RIMG1014.JPGiPhoneアプリの電気チューナ。このアプリは音もよく拾い非常に優れもの。愛用している。電気チューナーでA線から一本ずつ音を合わせていきます。チューナーを楽器に寄せれば周囲がうるさい場所でも大丈夫です。
これでもう、「この楽器調弦合ってないんだよな~」と思いながら弾くこともなくなります。

ちなみに、プロオケは本番のステージ上で調弦しますが、あれはばらばらに狂った弦を瞬時に調弦しているわけではなく、各々の奏者は既にバックヤードなどで完璧に調弦してウォーミングアップも済ませています。それでその日の自分のA音を持っています。
なのでステージ上でオーボエが「A~~~」と吹いた瞬間に「ん?高い・・」とか「ん?ちょっと低い」とか思うわけです。少し高いと感じたら自分のAが低いってことですから、おおよその見当でも全ての弦をその分上げることができます。
まあ、そもそもオケによってA音が442hzとか決まってますから、本当に微調整で済む場合がほとんどです。じゃないとあんな瞬間的に50人くらいの弦楽器奏者が一斉にチューニングなんてできません。

というわけで、今日から迷うことなく電気チューナーライフを満喫してください(笑)。

P.S. ハーモニクスでヒラリン・ヒラリン・・と合わせるやり方がありますが、ハーモニクスは耳の錯覚で低く聴こえたりして正確には合わせられません。合っているかの確認程度に使うのがいいと思います。

RIMG1021.JPG電気チューナー。チューナーにメトロノームが合わさった物などいろいろある。

りk