個人レッスンによる札幌のチェロ教室 Webレッスン・コースもあります。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



updated 2017-03-22
荒木均チェロ教室 メール:araki.cello@gmail.com

荒木均チェロ教室のご案内

当教室の指導理念

『効率よく可能な限り短期間でチェロの演奏技術を習得する』が当教室の基本方針です。

gogo.jpg正直申し上げて、楽器演奏の習得には時間と根気が必要です。チェロも例外ではありません。途中で何度も壁にぶち当たり、そのたびに「自分は向いていないんじゃないか?」と諦めそうになります。
せっかく、”白鳥を弾いてみたい”、”バッハの無伴奏を弾いてみたい”、”オーケストラで交響曲を弾いてみたい”と夢を抱いてチェロを始めても、基礎的な段階にあまりにも長い時間がかかってしまっては、よほどの精神力の持ち主でも途中で気持ちが折れてしまいます。
だからこそ、特に初心者の方にとってチェロの基礎的技術を”効率よく””短期間で”学ぶことが大切なのです。
とりわけ時間的制約のある社会人の生徒さんにとって、それはなにより重要なことだと思います。
私はプロの奏者としては非常に遅く16歳からチェロを始めました。最初は音大に行くことはせず普通の大学の経済学部で学びました。結局中退して音大に入り直しプロへの道を進みましたが、その間「どうすれば幼少の頃からチェロを習い始めた人たちと対等に渡り合えるか」ということを考え続けました。私にとっても”効率的”と”短期間で”は死活問題だったのです。
そうした経験と25年に及ぶ実演家経験、レッスン経験から得たノウハウで、レッスン生のみなさんにしっかりとお応えしたいと思っています。
上達するより楽しむことが目的のレッスンというものも世の中には沢山存在しています。それらを否定するつもりはありませんが、あえて上手になりたいと思う方は、人生の一時期(比較的時間の取れる時期だと更によいです)集中してチェロに取り組んでみるといいと思います。

一人一人に最適のレッスンを心がける。

さて、効率よく短期間での技術習得を実現するためには指導者の側に、『この生徒さんは今何が問題で弾けていないのか』という冷静で正確な見極めができるスキルが必要です。”学問に王道なし”と言いますが、楽器の習得も楽な近道はありません。土台となる基礎からしっかり積み上げていかなければなりません。だからこそ『上達のために必要なことだけ伝える、無駄なことは一切やらせない』という徹底したスタイルが非常に重要だと私は思っています。
一人一人出来ないことややるべき練習の方法は違います。なので当教室ではレッスン生の方個々の進度や個性を最大限考慮した個人レッスンを行っています。
上達のためには日々の地道な練習が不可欠ですが、せっかく時間を割いてした練習が無駄にならない、努力した分は確実に上達するレッスンをお約束します。上達が実感できる練習は苦痛ではありません。楽しいものです。
我流や我流に近い状態で歯が立つほどチェロの演奏は簡単ではありません。しかし、何百年の間に洗練され蓄積された演奏技術と効率の良い練習方法を身につければ驚くほど簡単に乗り越えられる壁は沢山あるのです。
とりわけ子供は最初に習う先生が大切といいます。最初に正しい奏法と練習方法を身につけるかが、その子の音楽人生を大きく左右してしまいます。

クラシック楽曲中心のレッスンをする。楽譜を読めるようにする。

チェロは深い音色と幅広い表現力、オーケストラや室内楽にあってはここぞという時に主役の旋律を奏で、見た目も格好良く(笑)まさに”おいしいとこ取り”楽器ですが、多くの優れた楽曲に恵まれていることも大きな魅力です。
バッハやベートーヴェン、ブラームス、ドヴォルザーク、シューマン、チャイコフスキー、近代ではショスタコーヴィッチ、プロコフィエフ、ピアノの詩人ショパンまで、多くの偉大な作曲家たちがチェロのためのオリジナル曲をいくつも遺しています。
そうした人類の宝とも言うべき弾く価値のある優れた楽曲を弾けるようにすることをレッスンの中心に据えています。チェロの学習者用に編まれた安易な編曲物やイージー・リスニングのような曲は使いません(クラシックの楽曲を学べばこうした曲は簡単に弾けるようになります)。
また、自ら楽譜から音楽をおこせることがとても大切と考えていますので、楽譜の正しい読み方を指導することにも心を砕いています。クラシック音楽の場合、楽譜が読めないまま耳からの情報だけで演奏に取り組むことは絶対にダメです。訓練せずに「いつか読めるようになる」などということはけしてありません。楽譜が読めないのではほとんどの場合は中途半端でテキトーな演奏をするようになるだけです。
こうしたことをふまえ、初心者の方は最初は楽譜の読み方の練習もかねた古典的な教則本を中心にレッスンします。そして短期間で1日でも早くクラシック楽曲中心のレッスンに進めるように効率のよいレッスンを心がけています。
演奏者を介さずに楽譜からバッハやベートーヴェンと直接対話できることは自らチェロを弾くことの醍醐味です。

ネット・ツールを駆使して効率よく短期間で上達を目指す

当教室ではレッスン生専用ページに、ウェルナー・チェロ教則本動画、楽曲のボウイングやフィンガリングを載せた参考資料、質問用BBS、スカイプによるWebレッスンなど様々なツールを用意しています。私は1997年から個人でクラシック音楽系webサイトを運営しています。1997年と言えばYahooJapanが開設した年でありgoogleすらまだ存在していませんでした。この長年蓄積したスキルを駆使した痒いところに手の届くネット・ツールははっきり申し上げて”大手も含め他の教室の追随を許さない”と自負しています。
例えば、フィンガリングやボウイングが分からなくて数日悩む、とか、弾き方を間違ったまま次のレッスンまで練習してしまう、とか、どう弾いてよいか分からずチンプンカンプンのままとうとう自宅で練習できなかった、などは時間の無駄以外のなにものでもありません。”効率よく””短期間で”という当教室の理念に著しく反します。練習過程で「?」と分からなくなることがあったら悩まず遠慮せず即BBSやメールで質問してください。随時受け付けています。
また、レッスン前に動画や参考資料で効率よく予習することにより、上達までの大幅なレッスン回数の短縮が期待できます。

「よくある質問」コーナーにもこれからチェロを始めたいと思っている方へのメッセージを書いています。ぜひご覧になってください。


講師紹介

荒木均

araki1.jpg1965年生まれ、札幌育ち。
チェロを上原与四郎、毛利伯郎各氏に師事。
獨協大学経済学部を経て東京藝術大学音楽学部別科修了。
同大学にてチェロを花崎薫氏に師事。
1990年第1回パシフィック・ミュージック・フェスティバルに参加。
1993年札幌交響楽団入団。
1996年札幌においてリサイタル開催。
札響楽員によるノンノン・マリア弦楽四重奏団メンバー。
2006年同四重奏団において札幌文化奨励賞受賞。
オーケストラの他にソロや室内楽でも活動。全日本学生音楽コンクール北海道大会審査員をつとめるなど後進の指導にもあたる。
また近年は北海道新聞夕刊、「季刊ゴーシュ」などにエッセイを連載。行政書士として著作権等の法務事務に携わるなど多方面で活動している。

趣味は、ブログやエッセイの執筆、居合道(三段)、カメラ、PC、カヌー・船舶操縦(1級小型船舶操縦士)、アナログレコード、SPレコードの蒐集、真空管オーディオ、シングル・モルト・ウィスキー、廃線や廃道・廃墟めぐり、その他いろいろ・・。

教室アクセス

住所

札幌市中央区旭ヶ丘

地下鉄・バスでお越しの場合

地下鉄東西線円山公園駅下車。
JRバス「ロープウェイ線」「旭山公園線」に乗り継ぎの場合、バス停「界川」下車。
JRバス「啓明線」に乗り継ぎの場合、バス停「南9条西22丁目」下車。